顔写真.jpg

買取・査定依頼・問い合わせ担当直通携帯電話

090−3164−4661

買取・引き取り以外の商品購入・販売などの問い合わせはお控えくださいませ

2015年1月より京都市より富山県高岡市に移転しました

〒933-0917

富山県高岡市京町12−6

古物商許可証

501230008393号

メールは24時間以内に返信します! → shibastore@kaitori-toyama.com

電話の場合は事務所を離れている事が多いので携帯電話へ直接ご連絡をお願いいたします。不定休ですので土日も基本的には休まず営業しております

PayPal(ペイパル)本人確認

この記事は古本買取には関係のない

PayPal(ペイパル)本人確認

手続きについて、実際に私が経験した流れを記載しております

当店では買取させて頂いた書籍・CD・DVDを

国内以外の海外に対しても販売しております

しかし、ここ数年は円高の影響もあり全く海外への販売をしておりませんでした

海外への販売となると、英語での対応、海外発送の手間など国内で販売するよりも手間暇が掛かります

円高の場合はその手間を掛けてでも海外に販売するほどメリットがありませんでしたので、海外への販売は控えておりました

しかし、2014年9月27日時点で

1ドル=約109円

まで円が安くなってきましたので、そろそろ海外販売を再開する事になりました

海外オークションebayにて買取させていただいた書籍が売れ、購入者の支払いを待っていたところ、購入者から

「あなたのPayPalアカウントは支払を受け付けできないというメッセージが表示されて、支払ができない!」

とのクレーム

直ぐにPayPalに確認をしたころ、本人確認の手続きが必要との事

PayPalのセキュリティー強化のためだと思いますが、1年以上PayPal代金受け取りはしていなかったが、PayPalでの支払は毎月しておりましたのでまさかこの様な事態が起こるとは想像しておりませんでした

PayPalに文句を言っても仕方ありませんので、素直に本人確認手続きをしました

流れとして

9月19日 PayPalアカウントから登録住所が記載されている運転免許証をスキャンしてアップロード

9月20日 PayPalから本人確認完了と暗証番号が記載されたハガキの送付の連絡メール

9月26日 ハガキ到着 PayPalアカウントでハガキに記載されている暗証番号を入力して完了

で完了いたしました

これがハガキで受取にはサインが必要です

写真 (6).JPG


最初の本人確認申し込んだ時点では、PayPalサイトのメッセージでは「2〜3週間の手続きがかかる」との事でしたが、1週間で完了いたしました

今回、私は運転免許証を本人確認のために使用しましたが、最初は健康保険証を使用したところ、下記の保管資料提出を要求されました

・電気代、水道代、固定電話代など公共料金の領収証(請求書)
・ 国税/地方税の領収書、納税証明書、社会保険料の領収書

などで町名、番地、マンション名もPayPal登録住所と一致していないといけません

それで運転免許証なら補完資料が必要ないので、運転免許証にしたのです

1度PayPalに確認のため電話をしたのですが、日本語で丁寧に対応していただけました

このページをご覧になっている方の中には、PayPal本人確認手続きに対しての情報を探している方も多いと思いますが、私の今回の経験からは

・1週間で全て完了した
・分からない事があればPayPalのカスタマーサービスに電話した方がいい

不安になったり、難しく考える必要はないです

分からない場合は電話をした方が早いです

まとまりのない文章になりましたが、少しでも参考になれば幸いです

古本・CD・DVD買い取りまでの流れ