顔写真.jpg

買取・査定依頼・問い合わせ担当直通携帯電話

090−3164−4661

買取・引き取り以外の商品購入・販売などの問い合わせはお控えくださいませ

2015年1月より京都市より富山県高岡市に移転しました

〒933-0917

富山県高岡市京町12−6

古物商許可証

501230008393号

メールは24時間以内に返信します! → shibastore@kaitori-toyama.com

電話の場合は事務所を離れている事が多いので携帯電話へ直接ご連絡をお願いいたします。不定休ですので土日も基本的には休まず営業しております

どうする?親の家の片づけ 村田裕之

【楽天ブックスならいつでも送料無料】どうする?親の家の片づけ [ 村田裕之 ]

どうする?親の家の片づけ [ 村田裕之 ]
価格:1,404円(税込、送料込)



出版社:PHP研究所
ISBN13: 9784569820446

実家の片づけは実家を出て暮らしている人にとっては避けて通れない問題でしょう

特に実家にご両親、もしくはどちらかの親だけが住んでいる場合、今は親が元気な場合でも「実家の片づけ」は突然やってくるかもしれません

「いずれ実家を片づけないといけないな」と思っている方は、今から家の片づけで起こり得る状況を把握しておくためにも一度読んでおいた方が良いです

片づけ業者などに片づけを依頼せず、子供や親族だけで片づけをする予定なら是非一読する事をお勧めします

私は古本買取をしておりますので、家の片づけで本を引き取りに行ったり、知り合いの片づけ業者さんから依頼を受け、片づける予定の家にある本の下見などに行くことがあります

一応、1年と通して片づける家の現場に行って確信したことですが、この本でも書かれいる通り

家の片づけは春か秋がお勧めです

まず、家の中は埃っぽい場合が多いので、窓を開けて作業をしますので、夏は冷房が効きませんし、冬は体を動かしますのでまだましですが、寒い中での作業は大変です

そして、一度、2013年の夏にすでに電気を止めた状態の家に行った時は本当に大変でした

冷房、扇風機が使えない状況で、真夏の作業は「地獄」です

このように、実際に現場に行ってみないと分からない事もこの本には書かれております

他にも親世代の価値観や片づけに対する親の心理など、予想されるトラブルも書かれております

ただし、実家を片づけた後の家や土地の売却や資産運用、遺産相続などの法的手続きの方法などは書かれておりませんが、一読の価値はあります

目次

PART1 片づけは突然やってくる

日本人は70歳を超えると死亡率が上がる
親の家の片づけは突然やってくる
ドラブルを知っていれば予防ができる
親が元気なうちに準備をしておく

コラム 高齢者のためのいろいろなサービス@

PART2 片づける必要があるのはこんなケース

ケース1 足腰の弱った親だけで住んでいる場合
ケース2 親が子どもと同居する場合
ケース3 子どもが親の家に同居する場合
ケース4 親が高齢者住宅・介護施設に入所する場合
ケース5 親が亡くなって実家をたたむ場合

コラム 高齢者のためのいろいろなサービスA

PART3 モメない・後悔しない片づけの心構え

体力と気力がない親に、片づけは不可能
70歳以上は「もったいない世代」
親の家の片づけには今までモデルがなかった
親も子どもに迷惑はかけたくない
困るのは”親が一人暮らし”になったとき
親が元気なときから仕分けを
認知症の早期発見につながる
片づけを通して親子の絆が強まる
自分の将来にも役立つ

コラム 高齢者のためのいろいろなサービスB

PART4 必ずうまくいく!片づけの手順

短期集中!本気の片づけ

片づけの期限を決める
場所ごとではなく、モノごとに取かかる
仕分けは、まず三種類に分ける
スペースを確保して効率アップ
片づけは暑すぎず寒すぎずの春か秋が理想
なるべき天気のいい日を選ぶ
兄弟姉妹全員で片づける
片づけに参加しない兄弟にも声を掛ける
一人っ子は、家族や友人を総動員する
片づけは思い出に浸る時間と考える
親戚やご近所さんの同意も得る

長期でじっくり。親との片づけ

親に部屋の中を確認してもらう
片づけは楽しいものだと思わせる
親のペースに流されない
子どもが勝手に片づけない
「捨てる」という言葉は使わない
「いつか使う」は一生使わないと心得る
迷ったらいったん残す
親との片づけは、一日二〜三時間を目安に
親の居場所を作ろう
同居している場合は、思い立った日から少しずつ
親に要介護だということを納得させる

片づけに疲れたら

親の家を完璧に片づけられる人などいない
一人でしょいこまない
親を責めない
自分を責めない
無理だと思ったら一度やめる
精神的な疲れは後をひく
スケジュール通り進まなくても焦らない

コラム 認知症になりにくい人・なりにくい人

PART5 モノ別にわかる!片づけのポイント

ポイント1 衣類は収納に入る分だけ残す
ポイント2 寝具や非常用品は押入れに
ポイント3 今着ている服はクローゼットに
ポイント4 小物は二カ所に分けて精査
ポイント5 重たい食器、引き出物は処分
ポイント6 調理器具は一種類につき一つだけ
ポイント7 日用品は置き場所ごとに徹底整理
ポイント8 大きな家具は価格より思い入れを大切に
ポイント9 思い出の品はデータ保存
ポイント10 貴重品はふだんから置き場所を共有
ポイント11 美術品やゴルフ会員権は勝手に処分しない
ポイント12 知的財産権も相続できる
ポイント13 お金の貸し借りを把握しておく

コラム 相続でよくあるトラブル

PART6 意外と知らない!ゴミを処分するときのポイント

ポイント1 処分の基本は一般ゴミで捨てる
ポイント2 法的な手続きが必要なゴミがある
ポイント3 不用品回収業者を上手に利用する
ポイント4 十分使えるモノは近くのリサイクルショップへ
ポイント5 知っておきたい、処分に注意が必要なモノ
ポイント6 仏壇や人形の処分は菩提寺や神社へ

コラム ペットは必ず引き取り先を探す

古本・CD・DVD買い取りまでの流れ